学芸だより

「おたすけまん」が大活躍!!


  今年も「くらしのうつりかわり展」には、市内外の多くの小学校から見学に訪れています。この期間中、活躍するのが学習支援ボランティア「おたすけまん」。おたすけまんは、昭和の生活用品の解説や、実際に道具に触れる体験学習の際、子どもたちの学習活動をサポートしています。
  子どもたちも、おたすけまんの解説に真剣に耳を傾け、道具に込められている、昔の人の知恵に驚きの声を上げています。また、体験では初めて触る道具に興味深々。楽しそうに学んでいる姿が見られました。そしておたすけまんも、子どもたちとのふれあいから、多くの元気をもらっています。
  おたすけまんの活動は、「くらしのうつりかわり展」開催期間中のみですが、その他の期間にスキルアップのための研修や勉強会を行っています。ボランティアは随時募集しています。子どもと博物館を結ぶ架け橋として活動してみませんか。